気まぐれな一枚



9月23日




− 樹間の華やぎ −
撮影地:長浜市・明治山:OLYMPUS OM-D E-M5 / LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2018年9月18日
*コメントはBBSへお願いします*


9月22日


− 輝 華−
撮影地:長浜市・明治山:OLYMPUS OM-D E-M5 / LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2018年9月18日
*コメントはBBSへお願いします*


9月21日


− 華花火−
ガラス食器が見たくなり、久しぶりに長浜へやって来ました。
昼食にホテルのレストランへ向かう途中、道路を挟んだ向かえに鳥居があり、その奥には彼岸花が群生している模様。
まずは腹ごしらえをしてから戻ってみると、戦没者を慰霊する戦没者慰霊塔が建っていて、その付近に彼岸花が魂を慰めるかのように咲いていた。

撮影地:長浜市・明治山:OLYMPUS OM-D E-M5 / LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2018年9月18日
*コメントはBBSへお願いします*


9月20日


− 宝珠塔 −
こういうところなんだよなぁ…と、反省しきり。
もうほんの少し左へ、そして後ろへ下がるか、高い位置から構えるか。(汗)

撮影地:京都・西本願寺より:OLYMPUS OM-D E-M5 / LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2018年8月30日
*コメントはBBSへお願いします*


9月19日


− 灯り −
撮影地:京都・西本願寺:OLYMPUS OM-D E-M5 / LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2018年8月30日
*コメントはBBSへお願いします*


9月18日


− 陽 −
そろそろ太陽が西に傾いてきた。
ふと空を見ると、伝導院の塔の先端にかかりそう。
イスラムの霊光のような感じ…と思いいながら、先端に太陽を絡ませたく右往左往するが、狭い道路に挿まれた場所では、おのずとポジションが決まってしまう。
時間制約がある中、どうしようと悩むのが、写真の面白いところでもあるのでしょうか。

撮影地:京都・伝導院:OLYMPUS OM-D E-M5 / LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2018年8月30日
*コメントはBBSへお願いします*


9月17日




− タマネギドームのある街 U −
撮影地:京都・伝導院:OLYMPUS OM-D E-M5 / LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2018年8月30日
*コメントはBBSへお願いします*


9月16日




− タマネギドームのある街 T −
都市の中心にある浄土真宗本願寺派本山、西本願寺。その東側、仏具店が軒を連ねる門前町に風変わりな建物がある。
一見レンガ壁の英国様式だが、北西隅にそびえる塔にかぶさるのはイスラム風のタマネギ形ドーム。組物や、擬宝珠(ぎぼし)付き高欄といった和風の意匠があちこちにあしらわれ、翼をもつ象など霊獣像を載せた石柱が周囲を巡る。
伝道院は、明治45年(1912)、近代の日本を代表する建築家であり、東京帝国大学の教授を務めた伊東忠太によって設計されました。
施工は竹中組(現在の竹中工務店)。創建当初は信徒向けの生命保険会社として利用されていましたが、その後は銀行や事務所などに転用され、現在は西本願寺関連の研究所として利用されています(内部の一般公開はなし)。
建設当初は本館のほかに附属屋や倉庫、人力車置き場、便所、屋根付き伝い廊下もありましたが、現在、残っているのは、写真の本館のみ。すべての施設が残っていたら、さぞ壮観だったでしょうが、明治時代に建造されたものであるとはいえ、伝道的な建造物が多数を占める西本願寺にあって、この伝道院の姿はきわめて異色。知らない人が見たら、まさか西本願寺所有の建造物であるとは思わないでしょう。−HPより−

撮影地:京都・伝導院:OLYMPUS OM-D E-M5 / LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2018年8月30日
*コメントはBBSへお願いします*


9月15日


− 綺麗な街 −
撮影地:京都市街:OLYMPUS OM-D E-M5 / LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2018年8月30日
*コメントはBBSへお願いします*


9月14日



− 一旦停止の街 −
ここ2〜3日、朝晩随分涼しくなった。
PC前に置いている玩具みたいな扇風機も、動かす時間が随分少なくなりました。
あの殺人的といわれた酷暑、猛暑も。、流石に今年はもうやってこないでしょう。
今涼しさを感じている日々も、来週にはまた30℃声の日々がやってくるとか。
季節もここらで一旦停止状態のようです。

撮影地:京都市街:OLYMPUS OM-D E-M5 / LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2018年8月30日
*コメントはBBSへお願いします*


9月13日


− 朧 陽 −
撮影地:京都市街:OLYMPUS OM-D E-M5 / LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2018年8月30日
*コメントはBBSへお願いします*


9月12日


− 青い喫茶店 −
撮影地:京都市街:OLYMPUS OM-D E-M5 / LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2018年8月30日
*コメントはBBSへお願いします*


9月11日


− 幻 社 −
撮影地:京都市街:OLYMPUS OM-D E-M5 / LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2018年8月30日
*コメントはBBSへお願いします*


9月10日


− 誘導灯 −
撮影地:京都市街:OLYMPUS OM-D E-M5 / LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2018年8月30日
*コメントはBBSへお願いします*


9月9日




− 幸せの暮らし処 −
撮影地:京都市街:OLYMPUS OM-D E-M5 / LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2018年8月30日
*コメントはBBSへお願いします*


9月8日


− 相 談 −
撮影地:京都市街:OLYMPUS OM-D E-M5 / LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2018年8月30日
*コメントはBBSへお願いします*


9月7日


− 暑い −
撮影地:京都市街:OLYMPUS OM-D E-M5 / LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2018年8月30日
*コメントはBBSへお願いします*


9月6日




− 出入り口 −
撮影地:京都市街:OLYMPUS OM-D E-M5 / LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2018年8月30日
*コメントはBBSへお願いします*


9月5日


− 暑いお休み処 −
撮影地:京都市街:OLYMPUS OM-D E-M5 / LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2018年8月30日
*コメントはBBSへお願いします*


9月4日




− 日 常 −
今年は台風の発生数、また日本直撃の数が多い。
今日も21号が昼から近畿直撃とのこと。
免れようもないらしいが、被害もなく、日常の生活に戻れますよう…

に撮影地:京都市街:OLYMPUS OM-D E-M5 / LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2018年8月30日
*コメントはBBSへお願いします*


9月3日


− ヒーロー達 −
撮影地:京都市街:OLYMPUS OM-D E-M5 / LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2018年8月30日
*コメントはBBSへお願いします*


9月2日




− 夏日の外出 −
撮影地:京都市街:OLYMPUS OM-D E-M5 / LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2018年8月30日
*コメントはBBSへお願いします*


9月1日


− はんなりとした路地 −
撮影地:京都市街:OLYMPUS OD-M E-M 5 / LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2018年8月30日
*コメントはBBSへお願いします*

←前のページ    HOME  TOP      次のページ→

  当ホームページ内の画像をはじめとする全ての内容の無断複製、無断転載を禁じます。
 Copyrigt (C) 2004-2017 詩季彩華 All Right Reserved .
inserted by FC2 system