気まぐれな一枚



3月23日


−春陽に誘われて −
「の」「で
久しぶりに本屋へ立ち寄り「アサヒカメラ」を買った。
今月の特集は「京都」。
あるカメラマンは京都は観光客が多いので、京都撮影の場合、夜が明けない中から出かけ、朝の9時には撮影を終えているとか。
なるほど、有名な神社仏閣での撮影や、有名地域ではそうだろうな、とも思う。
京都市の人口は140万人程に対し、去年京都にやってきた観光客数は5000万人以上だったとか。
朝早く出かけないと、どこかしらに人が写り込むよね。
もうすぐ桜の季節。
京都「」桜を撮るか、京都「」桜を撮るか−悩むところです。

撮影地:兵庫・西宮 :OLYMPUS OM-D E-M5 ・ M,ZUIKO-D ED 14-42mm F3.5-5.6EZ 撮影日:2017年3月8日
*コメントはBBSへお願いします*


3月22日



−渡る人 −
昨日、義母の家の処分をすませた。
施設に入ってからは空き家状態で、たまに変わったことがないか覗きに行くだけだった。
亡くなってからは遺品の整理に追われ、何処に何があるやら、また何が出てくるやらの日々。
妻が産まれ育った家であるが、このまま無人空き家にしておく訳にもいかず、買い手を捜すことになった。
とはいっても長屋の真ん中で、買い手がつくにはかなり難しいとは不動産屋にもいわれていた。
処分には、後1〜2年はかかるだろうと覚悟していたが、お隣の親族が引き継いでくださることになり、話はトントン拍子に進み、昨日行政書士を交えて無事締結。
一つ難関の橋を渡った気持ち。
後残すは、納骨のみとなった。
今年の春の中には終えようと思っているが、そんなに急ぐこともないでしょう。

撮影地:兵庫・西宮港 :OLYMPUS OM-D E-M5 ・ M,ZUIKO-D ED 14-42mm F3.5-5.6EZ 撮影日:2017年3月8日
*コメントはBBSへお願いします*


3月21日


−待ち遠しい出航 −
撮影地:兵庫・西宮港 :OLYMPUS OM-D E-M5 ・ M,ZUIKO-D ED 14-42mm F3.5-5.6EZ 撮影日:2017年3月8日
*コメントはBBSへお願いします*


3月20日


−大空への出航 −
撮影地:兵庫・西宮港 :OLYMPUS OM-D E-M5 ・ M,ZUIKO-D ED 14-42mm F3.5-5.6EZ 撮影日:2017年3月8日
*コメントはBBSへお願いします*


3月19日


−待ち遠しい出艇 −
撮影地:兵庫・西宮港 :OLYMPUS OM-D E-M5 ・ M,ZUIKO-D ED 14-42mm F3.5-5.6EZ 撮影日:2017年3月8日
*コメントはBBSへお願いします*


3月18日


−カラフルウェアー −
撮影地:兵庫・西宮港 :OLYMPUS OM-D E-M5 ・ M,ZUIKO-D ED 14-42mm F3.5-5.6EZ 撮影日:2017年3月8日
*コメントはBBSへお願いします*


3月17日


−愛車でお越し −
撮影地:兵庫・西宮港 :OLYMPUS OM-D E-M5 ・ M,ZUIKO-D ED 14-42mm F3.5-5.6EZ 撮影日:2017年3月8日
*コメントはBBSへお願いします*


3月16日


−シーズン前 −
この日は2度目の E-M5 の試写。
海が恋しくなり、西宮港へ出かけてみた。
ここはかつて「太平洋一人ぽっち」で有名になった、堀江謙一氏がヨットでアメリカへ旅発ったヨットハーバー。
この日の天気はめまぐるしく変わり、青空が見えたかと思うと突然曇ってきて雨が降り出したりと散々。
しかも風が強く、寒かった。
もう少しすると、ヨットをする人たちで賑わうことだろう。
レストランやカフェなどもあり、近所のママさん達だろうか、この寒いのに、子供連れで訪れていた。

下記10日の記事にも書いたが、アートフィルターのブラケットも試してみた。
非常に便利で面白いが、RAW現像を楽しんでいる我が身としては、すぐに飽きるだろう。

操作は随分慣れてきたが、やはり私の手にはグリップが浅い。
通常右手にハンドストラップを着けて行動するが、歩いている中にカメラを落としそうな気分になり、肩が凝る。
持ち方なり、グリップ部分を改良するなり、考えなくてはならない。
ただ、扱いやすいカメラであることには間違いなさそうです。

撮影地:兵庫・西宮港 :OLYMPUS OM-D E-M5 ・ M,ZUIKO-D ED 14-42mm F3.5-5.6EZ 撮影日:2017年3月8日
*コメントはBBSへお願いします*


3月15日


− 梅 陽 U−
撮影地:京都。北野天満宮 :OLYMPUS OM-D E-M5 ・ M,ZUIKO-D ED 14-42mm F3.5-5.6EZ 撮影日:2017年2月27日
*コメントはBBSへお願いします*


3月14日


− 梅 陽 T−
撮影地:京都。北野天満宮 :OLYMPUS OM-D E-M5 ・ M,ZUIKO-D ED 14-42mm F3.5-5.6EZ 撮影日:2017年2月27日
*コメントはBBSへお願いします*


3月13日




− 影 −
撮影地:北野天満宮 :OLYMPUS OM-D E-M5 / M,ZUIKO-D ED 14-42mm F3.5-5.6EZ  撮影日:2017年2月27日
*コメントはBBSへお願いします*


3月12日


−梅ほのか −
撮影地:京都。北野天満宮 :OLYMPUS OM-D E-M5 ・ M,ZUIKO-D ED 14-42mm F3.5-5.6EZ 撮影日:2017年2月27日
*コメントはBBSへお願いします*


3月11日


−祈 願 −
撮影地:京都。北野天満宮 :OLYMPUS OM-D E-M5 ・ M,ZUIKO-D ED 14-42mm F3.5-5.6EZ 撮影日:2017年2月27日
*コメントはBBSへお願いします*


−あれから6年 −
東日本大震災からもう6年。
街は少しづつ整備されているようだが、人々の暮らしがそれぞれ確立するには、まだまだ時間がかかるだろう。
22年前、この上の高速道路の橋脚も、阪神淡路大震災により、ねじり飴のように曲がって落ちていた。

撮影地:兵庫・西宮 :OLYMPUS OM-D E-M5 ・ M,ZUIKO-D ED 14-42mm F3.5-5.6EZ アートフィルター・リニュークレール
*コメントはBBSへお願いします*


3月10日


−輝 梅 −
撮影地:京都。北野天満宮 :OLYMPUS OM-D E-M5 ・M,ZUIKO-D ED 14-42mm F3.5-5.6EZ 撮影日:2017年2月27日
*コメントはBBSへお願いします*


−遊べるカメラ OM-D E-M 5−
気になっていたE-M 5 のアートフィルターの試写をしてきた。
最初は戸惑いながらだったので、いちいち設定をしていたが、アートブラケットが出来ること思いだし、試してみた。
初めは連写で撮るのかなと思っていたら、1シャッターのみ。
RAW+JPEGに設定しておけば、元画像も記録出来るので、これはこれから多用出来そう。
左上、RAW画像未現像。
右上、ポップアート。
左下、ジェントルセピア。
右下、ドラマティックトーン。
上記の他にも様々な画像処理がいっぺんに記録出来る。
全てを記録しておけばいいが、後処理が大変なので、シーンに応じてセッティングするのがいいかも。
でも、一々ON/OFFは面倒だし…悩。

撮影地:京都。北野天満宮 :OLYMPUS OM-D E-M5 ・M,ZUIKO-D ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
*コメントはBBSへお願いします*


3月9日


−梅を喰らう −
撮影地:京都。北野天満宮 :OLYMPUS OM-D E-M5 ・M,ZUIKO-D ED 14-42mm F3.5-5.6EZ 撮影日:2017年2月27日
*コメントはBBSへお願いします*


3月8日


−梅和歌 −
撮影地:京都。北野天満宮 :OLYMPUS OM-D E-M5 ・M,ZUIKO-D ED 14-42mm F3.5-5.6EZ 撮影日:2017年2月27日
*コメントはBBSへお願いします*


3月7日




− 天神さんの梅 Y −
撮影地:北野天満宮 :OLYMPUS OM-D E-M5 / M,ZUIKO-D ED 14-42mm F3.5-5.6EZ 撮影日:2017年2月27日
*コメントはBBSへお願いします*


3月6日




− 天神さんの梅 X −
撮影地:北野天満宮 :OLYMPUS OM-D E-M5 / M,ZUIKO-D ED 40-150mm F4.0-5.6R 撮影日:2017年2月27日
*コメントはBBSへお願いします*


3月5日




− 天神さんの梅 W −
撮影地:北野天満宮 :OLYMPUS OM-D E-M5 / M,ZUIKO-D ED 40-150mm F4.0-5.6R / 14-42mm F3.5-5.6EZ 撮影日:2017年2月27日
*コメントはBBSへお願いします*


3月4日




− 天神さんの梅 V −
この日の北野天満宮、お天気も良く比較的暖かかったので、人も多いだろうと思ったが、この時期では以外と普通。
数年前まで京都のあちこち、というか、関西のあちこちで響き渡っていた中国語も、少しボリュームが下がってきたようだ。

撮影地:北野天満宮 :OLYMPUS OM-D E-M5 / M,ZUIKO-D ED 14-42mm F3.5-5.6EZ 撮影日:2017年2月27日
*コメントはBBSへお願いします*


3月3日


天神さんの梅 U
撮影地:京都。北野天満宮 :OLYMPUS OM-D E-M5 ・ M,ZUIKO DIGITAL ED40-150mm F4.0-5.6R
*コメントはBBSへお願いします*


3月2日




− 天神さんの梅 T −
OLYMPUS OM-D E-M5
先日ヤフオクでポチッ!と押して、落札してしまったカメラの初撮りです。
2012年に発売されたやや古いカメラだが、コンパクトでありデザインも銀塩時代のOMシリーズを継承した、カメラらしいカメラというところか。
一昨年にMARKUが発売されて、随分安くなった。

マイクロフォーサーズの撮像サイズは、PEN E-PL1 で慣れているので、問題ない。
何よりも EVF が付いているので、これで明るい晴天の日でも、安心して撮像画面が見られる。
ただ、やはり光学系のペンタプリズムでない電子ビューファインダーなので、やや見づらい。
特に期待したピントのAF+MFの微調整は、明るすぎる天気のせいもあるだろうが、殆ど分からなかった。

今や当たり前になったチルト液晶画面。
MARKUでは全方位可能のモニターになっているが、このカメラは上下のみ。
しかしこれだけでも便利で、しかもタッチパネルときている。
時代遅れのオッサンには、これまたピックリポンの世界だ。
これでハイアングル、ローアングル撮影が楽しめる。
私の場合、通常ブラケット撮影で3ショットが当たり前になっているが、秒9コマは一瞬のうち。
指でタッチするだけで、チャチャチャッといった感じ。
書き込み速度もE-PL1では比較にならない程早い。

5軸手ぶれ補正が売りのカメラだが、この日は晴天のトップライト。
尤も遅いSSは 1/20sec だった。
帰って拡大してみると、やはり微妙だがブレがあった。
HPやSNSで使用する分には問題ない程度。
しかし、余り期待しない方がいい。

色については、ピクチャーモードではNaturaに設定してみたが、やや鮮やかな感じに仕上がっている。
また、アートモード設定には色々あって、これも試してみたいところだ。
このアートモードにもブラケット撮影が可能なようで、次回試してみたい。

全般に感じたことは、ネィチャーでは私にはやや物足りないが、街撮りなどのスナップには非常に面白そうなカメラになりそう。
選んだ理由は、何よりもコンパクトで軽すぎない、適度な重さ。
デザインも銀塩カメラ風でかっこがいい。
通常使う標準ズームレンズのパンケーキは、電子ズームでありながら、スムーズに思ったところにフレーミングする。
後はシューカバー、レリーズボタンや各ダイヤルのドレスアップをすることが、また楽しみとなった。
まだ完全に自分なりのカスタマイズは出来ていないが、これから街撮り、スナップで多用するカメラとなりそう。

撮影地:北野天満宮 :OLYMPUS OM-D E-M5 / M,ZUIKO-D ED 14-42mm F3.5-5.6EZ / 40-150mm F4.0-5.6R 撮影日:2017年2月27日
*コメントはBBSへお願いします*


月1日


− ようこそ−

撮影地:京都御苑 :RICOH GX-100
*コメントはBBSへお願いします*

←前のページ    HOME  TOP      次のページ→

当ホームページ内の画像をはじめとする全ての内容の無断複製、無断転載を禁じます。
 Copyrigt (C) 2004-2012 詩季彩華 All Right Reserved.
inserted by FC2 system