気まぐれな一枚



2月16日


− 呼 応 −
撮影地:京都府立植物園:CANON EOS 5D MarkU/ SIGMA 15 0mm F2.8 APOMACRO DG HSM 撮影日:2019年1月28日
*コメントはBBSへお願いします*


2月15日


− 悲 哀 −
撮影地:京都府立植物園:CANON EOS 5D MarkU/ SIGMA 150mm F2.8 APOMACRO DG HSM 撮影日:2019年1月28日
*コメントはBBSへお願いします*


2月14日




− 痛 根 −
昨秋の台風21号の被害だろうか、しっかりと根を張った大木が倒れていた。
自然の猛威を改めて感じる。

撮影地:京都府立植物園:CANON EOS 5D MarkU/ EF24-70mm F4L IS USM 撮影日:2019年1月28日
*コメントはBBSへお願いします*


2月13日




− 待 つ −
紫陽花の花は開花の時期が終わってもそのままの状態。
冬になるとドライフラワーのようになり、悲哀を感じる。
いっそのこと、散ってしまえばいいのにとも思うが…
その側にひときわ赤い蕾が、次の芽吹きを待ち望んでいた。

撮影地:京都府立植物園:CANON EOS 5D MarkU/ SIGMA 150mm F2.8 APOMACRO DG HSM 撮影日:2019年1月28日
*コメントはBBSへお願いします*


2月12日


− 彷 徨 −
撮影地:京都府立植物園:CANON EOS 5D MarkU/ SIGMA 150mm F2.8 APOMACRO DG HSM 撮影日:2019年1月28日
*コメントはBBSへお願いします*


2月11日


− 梅一輪 −
【 梅一輪一輪程の暖かさ  −服部嵐雪−】
有名な句です。
この日はまだまだ寒く、盆梅の梅はほぼ満開に近い状態のものが多かったですが、(↓写真)
地植えの梅の木の花はまだまだ蕾状態のものが多かった。
そんな中でも紅梅が一輪、もうすぐ春が来るのを教えてくれました。

撮影地:京都府立植物園:CANON EOS 5D MarkU/ SIGMA 150mm F2.8 APOMACRO DG HSM 撮影日:2019年1月28日
*コメントはBBSへお願いします*


2月10日


− 春近し −
昨日(9日)、以前入会していた写真クラブの写真展に行って来た。
今まで何度か案内状は頂いていたのだが、仕事の都合が合わず随分ご無沙汰だった。
会員のメンバーも随分替わり、当時を知っている人も少なくなったが、その作品を観ていると変化の顕著な人、懐かしい作風を見て取れる人
それぞれ楽しまれているようで、何かこちらまでもがホッとする気持ちを与えて貰った。
当時ご一者だった人と暫く談笑し、また新たな写真好きの人とお話しする機会を得て、楽しい時間を過ごすことが出来た。
知る人はそれぞれ歳を重ねられて、自由に好きなことを出来る時間も限られている方もあるが、
あちこち出かけられて作品作りをする気力があるというのは、
やはり「写真」という力かもしれない。

撮影地:京都府立植物園:CANON EOS 5D MarkU/ SIGMA 150mm F2.8 APOMACRO DG HSM 撮影日:2019年1月28日
*コメントはBBSへお願いします*


2月9日


− 梅ふふむ −
「ふふむ」とは、まだ花や葉が開ききらない状態のこと。
「含む」とも同意語だそうです。
蕾の中に十分に水分を含み、微笑みかけるように花が開く。
美しい日本語ですね。

撮影地:京都府立植物園:CANON EOS 5D MarkU/ SIGMA 150mm F2.8 APOMACRO DG HSM 撮影日:2019年1月28日
*コメントはBBSへお願いします*


2月8日


− 清楚に −
撮影地:京都府立植物園:CANON EOS 5D MarkU/ SIGMA 150mm F2.8 APOMACRO DG HSM 撮影日:2019年1月28日
*コメントはBBSへお願いします*


2月7日




− 冬模様 −
撮影地:京都府立植物園:CANON EOS 5D MarkU/ SIGMA 150mm F2.8 APOMACRO DG HSM 撮影日:2019年1月28日
*コメントはBBSへお願いします*


2月6日


− 玉水の冠 −
暫く家で缶詰状態で、身体が鈍ってきたような感じだったので、久しぶりに植物園へ行ってみた。
花写真を撮るには、まずよく歩く、そして感じる被写体があれば上から、下から、斜めから…と、スクワット運動。
普段使いのコンデジよりも重いデジ一とマクロレンズを担いでの移動だから、鈍った身体にはちょうど良いです。
前日は雪模様だったようですが、この日は少し暖かく雪も溶けていた。
それでも花々には、まだ水滴が着いて、とても綺麗でした。

撮影地:京都府立植物園:CANON EOS 5D MarkU/ SIGMA 150mm F2.8 APOMACRO DG HSM 撮影日:2019年1月28日
*コメントはBBSへお願いします*


2月5日




− ビル光 −
撮影地:大阪市街:OLYMPUS OM-D E-M5 MARKU/ LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2019年1月13日
*コメントはBBSへお願いします*


2月4日


− 迷い道 −
撮影地:大阪市街:OLYMPUS OM-D E-M5 MARK U/ LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2019年1月13日
*コメントはBBSへお願いします*


2月3日


− Blue Road−
撮影地:大阪市街:OLYMPUS OM-D E-M5 MARK U/ LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2019年1月13日
*コメントはBBSへお願いします*


2月2日


− 輝くクロス −
太陽の反射を十字架の真ん中へ持ってきたかった。
それにはもう少し近くによってカメラ位置を下にするか、撮影時間をもう少し後にするか。
フェンスがあって近くに寄ることも出来ないし、早々待ってもいられない。
中途半端に「エイッ!」とシャッターを切るしかなかったわけです。(いい訳−笑)

撮影地:大阪市街:OLYMPUS OM-D E-M5 MARK U/ LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2019年1月13日
*コメントはBBSへお願いします*


2月1日


− 街の添え華 −
ついこの間「あけましておめでとう」といっていたのに、もう1ヶ月が経ってしまいました。
時間経過が年々早く感じられます。
先日何処かで聞いた話、子供時代の時間は長く感じ、歳を重ねる毎に早く感じるのは、
感動することの多さ、少なさで決まるとか。
毎日惰性のごとく同じ生活をしていると、振り返る日々は驚く程早く過ぎ去った感じがするとか。
なるほど・・・

撮影地:大阪市街:OLYMPUS OD-M E-M 5 MARK U/ LEICA DG VARIO-ELMART 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH 撮影日:2019年1月13日
*コメントはBBSへお願いします*

←前のページ    HOME  TOP      次のページ→

  当ホームページ内の画像をはじめとする全ての内容の無断複製、無断転載を禁じます。
 Copyrigt (C) 2004-2017 詩季彩華 All Right Reserved .
inserted by FC2 system